2011年10月26日 (水)

蒲田美容室 ダイエット、肌ケア…今こそ準備を

今回のポイント「今、攻めのダイエットとスキンケアの準備を」

●10月は肌のメンテナンスとダイエットに最適な時期
●9月にしておく準備で、10月の肌メンテナンス&ダイエットが効果的に

 これまで、9月は自律神経やホルモンバランスが崩れやすく、調整の時期ということをお話ししてきました。しかし10月は、その乱れていた自律神経も徐々に調整されてくる時期なので、肌と体のメンテナンスにベストな時期になります。今回はその前段階としてどういう準備をしておいたらよいかお話ししておきましょう。

 10月はダイエットに最適な時期。気温が下がり、代謝は上がってくるからです。だからといって、普段運動をしていない人が、いきなりハードな運動をすると、ケガをする可能性が高くなります。せっかくのダイエットの絶好機を、ケガで棒に振らないように、9月から軽い運動を始めることをお勧めします。

 普段運動をしていない人は、いきなり走ったりするよりも、まずは簡単なヨガやストレッチで、9月に下準備をしておくほうがいいでしょう。準備をしっかり行い、体を作っておけば、スムーズに“運動モード”に切り替えることができるでしょう。

◆レーザー治療をするなら10月がお薦め

 また、10月は肌の“攻めのケア”にも最適です。

 9月は角質層がまだらになることでごわつきが感じられるとお話ししました(「9月は冬の美肌がかかった大事な調整期」参照)。また、夏に受けた紫外線ダメージで、しみが濃くなり、くすみもどんどん出てきます。

 しみやくすみがひどいと、レーザー治療を受けたいという人もいるかもしれません。しかしその前に、酵素洗顔料や優しくピーリングできるような石鹸を使って、軽く角質ケアをしておきましょう。そうすると、より効果を感じられると思います。

 肌、体の“攻めのケア”に備え、今できるケアをきちんとしておきましょう。

銀座美容室

2011年7月 5日 (火)

蒲田美容室 「格安クーポンで損害」 共同購入サイト・グルーポンを提訴へ 大阪

インターネットの共同購入サイトで格安クーポンを過大に販売させられ、大幅な赤字が出たとして、東大阪市の美容室経営会社が、サイトの運営会社「グルーポン・ジャパン」(東京)に約1700万円の損害賠償を求め、大阪地裁に近く提訴することが27日、分かった。共同購入サイトをめぐっては、店側の対応能力を超えるクーポンが販売され、「予約が取れない」といったトラブルが相次いでいるが、訴訟に発展するケースは異例。

 グルーポン側は「リスクの説明も行ったうえで(販売するかどうかは)すべて店側に決めてもらっている」と反論している。

 美容室側の訴えによると、カットやカラー(髪染め)など1万3200円分のサービスを2900円にするクーポン。美容室の取り分は、ここからさらにグルーポンへの報酬を差し引いた金額だった。

 大阪市内で新店舗を開業するのに合わせ、昨年11月から約1500枚を販売。対応能力を超えてクーポン客が殺到したため、美容師などの増員を余儀なくされたほか、採算度外視の料金設定だったため、数百万円の赤字が出たとしている。

 美容室側はグルーポン担当者の勧誘をめぐり、「事前にリスク情報を提供しなかった」と説明義務違反を主張。また「『購入客の2割は期限内に来店しないので、そのまま店側の利益になる』と、事実と異なる不当な勧誘を受けた」とも訴えている。

 一方、グルーポンは取材に対し、勧誘をめぐる美容室側の主張について「事実ではない」と回答。クーポン価格や販売枚数については「スタッフの人数やキャパシティを分析し、対応可能と判断して提案した」としながら、最終的な決定権はすべて店側にある、と責任を否定している。

 グルーポンをめぐっては、大量のクーポンを販売した東京のたい焼き店が「経営が成り立たない」とクーポン使用を停止するトラブルが今年2月に発覚。また、グルーポンで購入したお節料理が「見本と違う」と苦情が相次いだ横浜市の販売業者に同月、消費者庁が再発防止を求める措置命令を出す騒動もあった。

会津若松美容室シンジュラー 会津若松美容室 補正下着 補正下着 補正下着ランジェリー 補正下着通販

2011年4月20日 (水)

蒲田美容室今の生活の消費カロリーは? 活動量計で賢く、楽しく健康管理

厚生労働省が2006年に策定した「健康づくりのための運動指針 2006」によれば、「3メッツ以上の活発な身体活動を週23エクササイズ、そのうち4エクササイズは意識して行う活発な運動」が、生活習慣病予防の目標らしい

「身体活動」とは「安静にしている状態より多くのエネルギーを消費する全ての動き」のこと。また「メッツ」とは身体活動の強さを表す単位で、「エクササイズ」は身体活動量を表す単位とのことだ。

 しかし、「この運動は何メッツになるのか」「今日は何エクササイズをしたのか」を感覚でつかむのは難しい。それを身に付けるだけで手軽に計測できるのが活動量計だ。また、活動量計は歩数計と違い、デスクワークなど上半身のみの運動も計測できる。1日のカロリー消費量を正確に知るためには、活動量計が必須と言えるだろう。

 「カロリーを消費する」と聞くと、ジョギングや体操などの運動を思い浮かべるかもしれない。しかし、実は本人が意識しない日常的な行動も、積み重ねれば“いい運動”になっている。デスクワークなどは手応えが感じられないが、活動量計はそれらによるカロリー消費量も数値ではっきり示してくれるのだ。

計測の基準は方向と速度、課題は負荷をかける運動

 活動量計の本体には、家庭用ゲーム機「Wii」のコントローラーなどでも使われている3軸加速度センサーが内蔵されている。活動量計は、このセンサーによって「どの方向に、どれくらいの速度で動いたのか」を計測し、そのデータと初期設定時に入力した情報(年齢、性別、身長、体重など)から、メーカー独自の計算式を用いてカロリー消費量を算出しているわけだ。

 逆を言えば、活動量計は方向と速度しか測定しないため、筋肉に負荷をかける運動も、負荷をかけない運動と同じ扱いになる。例えば、ダンベルを持って筋トレをしても、手ぶらでひじを曲げ伸ばししても、活動量計による計測結果は変わらない。

 また、活動量計は自動車や電車での移動分を計算に入れないよう、人間が走る速度より速い動きを除外する設計になっている。そのため、自転車でも高速で走ると正しく計測されない。サイクリングを楽しむ人には、心拍数で計測するタイプなどがいいだろう。

 このように、活動量計には正しく計測できる運動とできない運動があることも理解しておこう。

無料ブログはココログ